カンブリア宮殿 - 湘南の海をそのまま見せる!また行きたくなる感動の水族館 株式会社江ノ島マリンコーポレーション 代表取締役社長 堀一久

2016年5月5日
カテゴリー テレビ番組
タイトル カンブリア宮殿 - 湘南の海をそのまま見せる!また行きたくなる感動の水族館 株式会社江ノ島マリンコーポレーション 代表取締役社長 堀一久
放送局 テレビ東京
放送日 2016-05-05

カンブリア宮殿  湘南の海をそのまま見せる!また行きたくなる感動の水族館

株式会社江ノ島マリンコーポレーション  代表取締役社長  堀 一久(ほり かずひさ)


湘南にある人気スポットが「新江ノ島水族館」(通称「えのすい」)だ。
日本には120の水族館があり、大きな水槽で体長10メートルのジンベイザメなどを展示する水族館が人気を集める中、
水槽が小さく地味な魚が多い「えのすい」に、なんと全国4位の年170万人もの客が訪れる。

「えのすい」に入るとまず目にするのが相模湾大水槽。
8000匹のイワシが圧巻の群泳を見せる。
この群泳を再現してみせたのは「えのすい」が初。
また、イワシの稚魚であるシラスの世界初展示もスタート。
そして、癒しをあたえるクラゲの展示でも先駆者だ。

現在の「新江ノ島水族館」の前身「江ノ島水族館」が創業したのは1954年。
日本初の近代的な水族館として、年200万人以上の客を集めたが
建物の老朽化などにより、98年の来場者は30万人にまで落ち込んだ。
そこで04年に「新江ノ島水族館」としてリニューアルオープン。
社長となった堀一久は、来場者を170万人にまでV字回復させた。

イワシやシラス、クラゲ…一見地味な魚を光り輝く宝に変える感動の水族館の復活の秘密に迫る。

放送詳細

テレビ東京系 カンブリア宮殿
「湘南の海をそのまま見せる!また行きたくなる感動の水族館」
株式会社江ノ島マリンコーポレーション 代表取締役社長 堀 一久(ほり かずひさ)
2016年5月5日(木)22:00~22:54放送

制作スタッフ
プロデューサー 矢島靖
ディレクター 加藤健・荒井和彦・大島伸司
編集補  高田愛子
アシスタントディレクター 安田伊織