メディアジャパンさんは、やさしくて、好き。

メディアジャパン
宮崎敬士
×
株式会社安震
代表 杉田規久男 様

【 企業様情報 】

大切な墓石を地震の倒壊から守りたい、と墓石用免震ゲル「安震はかもり」を開発した、 株式会社安震の代表・杉田規久男(すぎたきくお)さん。

震度7の地震でも倒れないこの商品は現在、全国約160社が施工技術を取得し、正規加盟店として販売するまでになっています。
メディアジャパンでは「安震はかもり」の商品紹介動画にはじまり、安震さんのWebサイト、また、加盟店さんの動画やWebサイトなど多数制作させていただきました。

インタビューにいささか緊張気味の杉田さんに、MJってぶっちゃけどうなのかをうかがいました。

メディアジャパン宮崎(以下宮崎): 杉田さんところの加盟店さんも含めて今まで数々の動画を作らせてもらったんですけど、 ぶっちゃけどう思ってるのかっていうのを客観的に聞かせてください。

株式会社安震 杉田様(以下杉田様): うちの加盟店さんも一度宮崎社長のところで動画を作ると、その後ずっと長い付き合いになるってことは聞いてます。
はやり本物の実力があり、かつ、値段的にも満足できる、費用対効果から言ってバッチリな会社じゃないかと思ってます。
最近、機械が高性能になってきたから、スマホで撮ってYouTubeにアップなんて誰でもできるようになりましたけど、 ただやはり、動画の構成だったりとかお客様に納得していただけるような中身、 音の使い方、光の使い方、あとは、まさかというような表情を撮ってたりとか、やはりプロは違いますよね。

宮崎社長のところに出会えるまでに10社近いところにお願いして、ひとつも満足できなかったんですね。
ひとつ何かが外れるだけでも100点満点中、30点とか40点になっちゃうもんですから。
なにひとつ外れちゃダメってことが大事だなっていうことと、思いつかないようなプラスアルファがあるから 私はずっとお願いしてると思いますし、うちの加盟店さんたちも満足してまた次新しいの、っていうふうに なってるんじゃないかと思います。

宮崎: なんかすごいアイデア出してましたっけ?

杉田様: 具体的に「これだ!」っていうのは言えないんですけど、例えばA社に頼むと、私が期待するよりも低いものしか出来あがってこないんですよね。
でも宮崎社長は、出来上がったものもそうですし打合せしてるときもそうなんですけど、こちらが求めてる以上のものを出してくれるんです。

宮崎: 実験の動画あるじゃないですか。
あれは企みがあって、それは、実験の結果よりも杉田さんの顔を撮ろうと。
絶対あそこで「やった!」っていうから。

杉田様: 良かった、言ってて。
打ち合わせ、なかったもんね。

宮崎: いやあれ、打ち合わせしようがないもん(笑)。
実験って、絶対うまくいったものしか見せないじゃないですか。
だから、人間を説得する材料にはならないんですよ。
最終的に、この人はこんだけ頑張って一生懸命やったんだから、これは確かなものに違いないってことを どこで描いてやるかっていうことなんで。
あれ撮っちゃったら、あとどうでもよかったんです(笑)。

杉田様: やっぱり違いますね。

宮崎: うちってわりと、杉田さんとこみたいに動画とWebをセットで作ることが多いんですよ。
表現としては同じだから。
けど、杉田さんとしては、ほかにもWeb屋がいるんだから別にうちじゃなくても良かったんじゃないんですか?

杉田様: ほかの業者になくて、宮崎社長のところが一番いいって思うのが、ほかの業者はこっちでいじれないように出来てるんですよ。 写真1枚差し替えるだけでも「はい、5,000円」とか文章一言入れ替えるだけで「はい、5,000円」とか。
メディアジャパンさんのはそういうのが無くてやれるところは極力そっちでできるようにやっときますからね、って。
一番の根本的なところがね、やさしくて、好き。

宮崎: (笑)
ほかの業者、そんなにガチガチですかね?

杉田様: ガチガチ。
ホームページって1日1回とか、下手したら2回でも3回でも変える必要があるかもしれないけど、それをいちいちお願いして お金と時間かけるとなると、ダメなんですよね。

宮崎: まぁイライラしますよね。

杉田様: で、ほとんどのところがそう。
もしくは、いじれるとなるとレベルが低すぎちゃって、自分で作るのと変わらんのじゃないかっていうようなところも ありますよね。

宮崎: 修正のたびにお金かかるのもむかつきますよね。
悪質なところって、あれをリースにしてるところがあるんですよ。
5年リースで200万払って、5年後に持っていかれちゃう。
「よくそんな契約しましたね?」って聞くと知らなかったっていうんですよ。

杉田様: 毎月経費で落とせますよ、とかって、うまいこと言ってね。
で、5年後に作り直して、またやるんでしょうけど、そういうのの真逆っていう 企業姿勢がとっても素晴らしいと思います。
自分のことを第一に考えるのか、お客様のことを考えてから自分のことを考えるのか ってとこでしょうね。
その違いが、姿勢に現れると思うんです。

宮崎: 自分が嫌なことをやるって、商売として長く続かないと思うんです。
杉田さんの仲間って早くからホームページ作ってた人多かったですよね?
あれ、僕ちょっと驚いたんですけど。

杉田様: いまだにこの業界、半分ぐらいはホームページないですよ。
そういうものよりも、折り込みチラシに心安らぐ人たちなんですよね。
ただやっぱり、時代がどんどん変わってきてるんで、毎日更新しなくてもいいですから ホームページぐらい持っておかないと。

例えば、お施主さんの子どもとか孫が、「ちゃんとしたお店か一回調べるわ」ってなったとき、 ホームページすら持ってないとその時点で「大丈夫か?」ってなる恐れもありますからね。

宮崎: 今回、CMやりませんか?って提案したとき、どう思いました?

杉田様: やったことなかったもんですからまだちょっと不安があります。
ただ、お値打ちなご提案もしていただけたし、これが流れて、成果が上がるといいなと思っています。

商品の性格からいえばやはりホームページだけじゃなくて、テレビCMとの組み合わせは良いんじゃないかって 自分で納得したもんですからお願いしましたけど。

宮崎: 世の中にないものを売るとき、不特定多数の人に見てもらうっていうのがひとつわかりやすい方法としてありますよね。 あと、杉田さんの商品って出来上がっちゃうと外から見えないんですよね。
あれが分かりにくい(笑)。

杉田様: 確かに。
そうなんです。

宮崎: それを今までも売ってきたっていうのがすごいよね。

杉田様: 皆さまのおかげです!