[メールマガジン]よろしこ通信vol.135

2015年9月7日

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

■ 目次 ■

1. 私が会った100人の失敗者 (社長 宮崎敬士)
第85回 「今だから高額で売れるぜ!」

2. 女編集者・アイコの仕事場 (編集 高田愛子)
第13回 「画面に出てたら絶対信じてしまう!?
まるで洗脳術の◯◯テロップ!」

3. 元・楽天“よろしこSHOP”店長の現場 (店長 工藤愛)
第35話 「次作“アクアリウムDVD”業界イメージを変える!?」

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

1. 私が会った100人の失敗者 (社長 宮崎敬士)
第85回 「今だから高額で売れるぜ!」

佐野研二郎がおもしろい。
毎日のように「似ているモノ」が発見されていて
今までは何ら問題になっていなかったワケで
いったい何だったのか?という感じである。

これだけの数の「似たモノ」が出てきている以上
もう佐野研二郎はグレーではなく黒だろう。
一つがバレなかった、ではもう一つ、もう一つと
だんだん増えて膨大な数になったのではないかと私は思う。

佐野研二郎の「ちょっと感じ悪い」キャラクターも相まって
皆からたたかれ放題だ。

マスコミでは、これはいったい誰が悪いのか?
審査員も含めて犯人探しに躍起である。

ポスターやら袋など
エンブレムを入れて制作したグッズ含め
損害賠償にまで話は及んでいる。

で、ここで1案。

コピーというかニセモノエンブレムが入った紙袋。
正直、私は欲しい。
欲しいと思っている人、多くないかな?
むしろ、これから作られるオフィシャルの袋よりもレアである。
いっそのことあの袋をネットで販売してはどうか?
その売ったお金で今回のニセモノで損した分の
穴埋めとしたらどうかな?

私はあのニセモノエンブレム袋をさげて
本物のブランド品を買いに銀座に繰り出してみたい。
大ウケ間違いなしだ!

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

2. 女編集者・アイコの仕事場 (編集 高田愛子)
第13回 「画面に出てたら絶対信じてしまう!?
まるで洗脳術の◯◯テロップ!」

先日、友人の二次会パーティで流した映像で
それを見た多くの人達が、「嘘だと分かってるのに信じてしまう」
という、おかしな出来事がありました。

二次会では、クイズ大会とか色々と余興をやるのですが
幹事の発案で、
TBSの「オールスター感謝祭」で芸能人が対抗マラソンをする
名物コーナーを真似てやる事になりました。

その内容は、
くじ引きで選ばれた9人のランナーがゼッケンを付けて
会場外の50mの坂道をレースし、
1位でゴールした人に賞品で旅行券プレゼント。と思いきや
ランナーは、実は事前に決めていたメンバーで
賞品の旅行券は皆から新郎新婦へのプレゼントというドッキリ。

そしてオールスター感謝祭のごとく
マラソンの様子は会場に生中継で映像を流そう!

となりましたが、
もちろん素人に生中継なんて出来るわけないので、
マラソン映像は事前に撮影して作りました。

さも生中継しているかのように映像を見せる為には、
スクリーンと現場がシンクロしていないといけません。
なので、幹事はスクリーンを見ながら実況中継をしつつ
映像ではランナーがバナナの皮で滑って転んだりと
様々な障害を乗り越えて、会場へのゴール直前までを見せます。
映像とタイミングを合わせながら実際のランナーが会場に続々と入ってくる。
という、なんだか高度な演出になりました。

そして、肝となる映像。
生中継といえばこれでしょ!と、
映像の画面左上に「LIVE」というテロップを入れたのです。
私も作っている時は、いいねーこれ入れるだけでテレビっぽいねー
くらいの気持ちでしたが
このテロップひとつで、思わぬ反応があったのです。

二次会当日。
天気は雨。撮影した時は晴れていたので
明らかに映像とリアルタイムが一致していない状況。
出演するランナー達も、撮影では運動着を着ていたのに
当日はパーティ用の服だったり衣装がバラバラ。
詰めの甘さが目立つものの
まぁ最初から嘘はバレバレの余興だしという感じで、いざ本番。
映像が始まり、ゴールに近づいてくるランナー達。
「1位が間もなくやってきます!」と実況中継すると
半信半疑に思いつつ外を覗きに行く人もちらほら。

結局、ゴールするランナーの順番が違ったり
登場のタイミングが映像とズレたり
現場は混乱していたものの、それはそれで会場はウケて大成功なのでした。

終了後、見ていた人達に
あれって本当に生中継だと思った?と聞いてみると
驚く事に、生中継かと思った!と言う人が何人もいたのです。
「途中から本当に中継してるかと思った」
「今日雨だし、おかしいよな〜と思ったけどLIVEってあるから中継かなと」

みんな、嘘でしょと思いながらも
画面左上に「LIVE」のテロップがあるから
細かい事は分からないけど生中継なんだと思わされていたのでした。

たったひとつのあの「LIVE」テロップで
こうも人は、画面を信じようとしてしまうものなのかと驚きました。
きっとみんな、子供の頃から見てるテレビの影響で
脳に刷り込まれているんだなと思いました。
テレビって、すごい強大な洗脳装置です。

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

3. 元・楽天“よろしこSHOP”店長の現場 (店長 工藤愛)
第35話 「次作“アクアリウムDVD”業界イメージを変える!?」

前回も書いたアクアリウムDVDについてです。
皆さんはアクアリウムにどんなイメージを持っていますか。

・ニーズは女性よりも男性が多い
・水槽、ポンプなど道具を一式揃えるのにお金が何万もかかる
・水替えが頻繁
・魚にとって有害となるカルキを抜くのが面倒
・水替え時の水温管理が必要
・水草の成長に合わせて剪定が必要 など

お金も手間もかかりそうですし、
何よりマニアックなイメージで
入門するにはハードルが高いと思っていませんか?

今回のDVDはその常識を覆すつもりで作ろうと思います。

先日、監修者になって頂く方に
直接内容のご相談をさせて頂いたところ、
意外な答えが返ってきました。

「1万円もあれば良いものができる」
「水のカルキを抜くために、汲み置きや薬剤は必要ない」
「水草を成長させよう、きれいに剪定しよう、と
あれこれ頑張るのではなく、枯れるまで楽しめば良い」
と言うのです。
これらの言葉は、私には目から鱗でした。

手入れが大変そうなイメージのアクアリウムに対して
つい構えてしまう素人の気持ちを
楽にしてくれるのではないでしょうか?

そもそもの根本も、業界のイメージを変えるかもしれません。
私たちは当たり前のように、
30~50代の男性をターゲットに考えていましたが、
若い女性に焦点を当てた方が良いと言うのです。

趣味にお金をかける男性とは違い、
“安価で手軽に作れ、でもお洒落で可愛い”を意識した
インテリア感覚のアクアリウムなら
女性も興味を持つのではないでしょうか?

そこをターゲットにすれば、
初心者にとってのハードルがさらに下がります。
男性の場合はその方法を応用して、
“可愛い”ではなく、“格好良く”すれば良いのです。

「1万円で、女性でも手軽にできるアクアリウム」
今回のテーマはこれにしようと思います。

男性の皆さんも、このDVDを奥さんや彼女と観れば、
女性から見て理解しがたい男性の趣味とはちがい、
逆に女性を味方につけられ、
さらには共通の趣味として楽しめるかもしれませんよ!?